ニキビ跡 皮膚科

ニキビ跡の皮膚科治療の効果

ニキビ跡治療は皮膚科でできる

ニキビ跡を自力で治すのは難しく、根気が求められます。そこでニキビ跡治療のために皮膚科にかかり、専門家に相談することで改善を早めることができます。皮膚科にかかる場合、次のような外用薬が処方されることがあります。大きく分けると、抗生物質・ビタミン剤・角質剥離剤の3つです。一つ一つご紹介していきます。

 

・抗生物質
種類も様々ですが、ダラシンという抗生物質がニキビ跡に特に効果が高いと言われています。またクリームタイプの抗生物質とローションタイプのものがあります。

 

・ビタミン剤
代表的なものはビタミンC誘導体のローションです。ニキビ跡の色素沈着を抑え、皮脂の多量分泌や炎症を防いでくれるのでニキビのできにくい肌に改善する効果もあります。

 

・角質剥離剤
表皮のいらなくなった角質を取り除き、毛穴の中の皮脂や汚れを掃除する効果があります。ただ使用後は肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすい状態になるのでしっかりしたアフターケアが必要です。

 

皮膚科の専門医のもとでの適切な治療は、ニキビ跡改善に大きな効果が期待できます。一度相談されてみてはいかがですか?

ホーム RSS購読 サイトマップ