ニキビ跡 色素沈着 ハイドロキノン

ニキビ跡の色素沈着にはハイドロキノン

ニキビ跡の色素沈着にハイドロキノンが効くのは?

ニキビはお肌にできたときにしっかりとケアしておかないと、そのまま放置しておくとより悪化してしまい、顔に凸凹やニキビ跡を作ってしまうことになります。ニキビ跡を作ってしまうと自己ケアではキレイに消すことができません。色素沈着も起こってきます。そんな手ごわいニキビ跡にとても有効な美容成分があります。「ハイドロキノン」という成分です。これまでは、このハイドロキノンは専門医の処方のもとで入手することができましたが、最近は、化粧品に配合されているものが販売されていますので、諦めていた頑固なニキビ跡や色素沈着なども自宅で効果的なニキビ跡のケアができるようになりました。●ポイント・・・@漂白してシミを消すから、今あるニキビ跡に効く〜ハイドロキノンはニキビ跡や色素沈着に効果がある強力な美容成分です。ちなみに、ハイドロキノンは皮膚をはがしてシミ消しを行う肌に負担とダメージを与える働きではありません。酵素・チロシナーゼといったメラニン生成を促進させる物質を撃退してくれますので、ニキビ跡の元から美白ケアができます。色素沈着してしまったメラニン色素自体をハイドロキノンの漂白効果によってシミの色素沈着した部分を漂白していき、透き通るようなキレイな美肌を作り出してくれる美容成分です。要は、できてしまったシミやニキビ跡にも効率的に美白効果を出すことができる美容成分です。A即効性がある〜ハイドロキノンの即効性はとても高くなっています。肌内部のメラノサイトの働きを阻止していきます。漂白効果のある美白ケアができるとあって、「肌の漂白剤」ともいわれています。 気になるハイドロキノンの美白効果ですが、一般的にシミ予防の成分とされている「βアルブチン」がありますが、ハイドロキノンは約100倍と言われています。また、美容成分の代表的成分でもビタミンC誘導体よりも効果が高いとされています。即効性を期待するには、ある程度の高濃度のハイドロキノンの場合です。クリニックなどで処方されるものは、たいてい4%を超える高濃度となっています。高濃度とあって即効性があるため、ニキビ跡や色素沈着を消す効果も高く期待ができます。これはハイドロキノンの特徴の1つとなります。ちなみに、化粧品などに配合されている場合は、3%までなら刺激性が少なく安全性の部分も問題ありません。しかし、濃度的に弱くなりますので、即効性も低くなってきます。B少量で効果があり副作用がない〜クリニックなどで処方されるハイドロキノンは、4〜5%程度と高濃度なものになりますので、専門医師の指示を守った使用を行わないと副作用の部分が心配となりますが、国内の美白化粧品などに配合されているハイドロキノンの含有量としては、11〜2.5%程度となっていますので、肌トラブルなどの副作用の心配はまずないでしょう。敏感肌や肌の弱い方の使用に関しては、効果が高いだけに刺激が強い成分でもあります。乳液のようにお顔全体に使うのではなく、気になるシミの部分にピンポイントでのケアしていきましょう。念のために使用前のパッチテストをおすすめします。ハイドロキノンの美白クリームなら少量のスポット使いでニキビ跡や色素沈着のケアが効果的にできて、肌荒れなどの副作用の心配もありませんのでおすすめです。

ニキビ跡の色素沈着にはハイドロキノン記事一覧

ハイドロキノンのニキビ跡化粧品おススメ

ニキビ跡が出来ても慌てずにケアできる〜ニキビは治ったかのように見えても、ストレスや誠克習慣の乱れなどによってまた出てしまいます。そのニキビが悪化してニキビ跡ができてしまった場合でも、ハイドロキノンが配合されている美白化粧品なら自己ケアとして、色素沈着した頑固なニキビ跡でもキレイな美白ケアができます。...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読 サイトマップ